カメラアップロードの設定

OneDriveでスマホで写真を撮ったりスクリーンショットを撮った場合の自動アップデートの設定方法を、図解を使って詳しく紹介します。

この設定は、AndroidアプリとiOSアプリのみで可能です。

 

スポンサーリンク

概要

スマホにAndroidアプリやiOSアプリをインストールしている場合、カメラで写真を保存したり、スクリーンショットを撮った場合に、自動的にネット上のOneDriveフォルダーにアップロードすることができます。

GoogleフォトやiPhoneのiCloud写真と機能的には同じです。

 

手順

以下、AndroidとiOSそれぞれで手順を説明します。

Android

Android

【OneDriveアプリAndroid版】カメラアップロードの設定
  • Step 1

    OneDriveアプリが起動していない場合は、起動します。

    AndroidでOneDriveアプリを起動

  • Step 2

    ①の「自分」と書かれた人の形をしたアイコンをタップします。

    AndroidでOneDriveの設定画面を開く

  • Step 3

    「設定」の画面が表示されたら、①の「カメラアップロード」の部分をタップします。

    AndroidアプリのOneDriveのカメラアップロードの設定

  • Step 4

    「カメラアップロード」の画面が表示されたら、①の「カメラアップロードのアカウント」を選択して、②の「カメラアップロード」のスイッチをオンにします。

    ①の「カメラアップロード」にアカウントが表示されていないときは、①の部分をタップすると下の図のように選択画面がポップアップ表示されるので、表示された③をタップします。

    AndroidアプリのOneDriveのカメラアップロードの設定

    AndroidアプリのOneDriveのカメラアップロードの設定

iOS

iOS

【OneDriveアプリiOS版】カメラアップロードの設定
  • Step 1

    OneDriveアプリが起動していない場合は、起動します。

    iPhoneでOneDriveアプリを起動

  • Step 2

    ①の人の形をしたアイコンをタップします。

    iOSでOneDriveの設定画面を開く

  • Step 3

    左横からメニュー項目がスライドして出てきたら、①の「設定」をタップします。

    iOSでOneDriveの設定画面を開く

  • Step 4

    「設定」の画面が表示されたら、①の「カメラのアップロード」をタップします。

    iOSアプリのOneDriveのカメラアップロードの設定

  • Step 5

    「カメラアップロード」の画面が表示されたら、①でアカウントを選択して、②の「カメラアップロード」のスイッチをオンにします。

このページの記事は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました